忘れられない3・11

3月11日

 

私の心には三つの忘れられない日がある。

まずは3月11日である。

この日の事も何時まで経っても忘れられない。

 

JR京浜東北線で蒲田駅を出発して川崎駅が

少し見え始めた多摩川の鉄橋で突然の急停車と

大きな揺れである

 

この地震が大惨事となる「東北大震災」の始まりでした。

 

この写真は毎年使っておりますがご容赦ください。

 

1時間ほど電車内に閉じ込められて、その後電車を

降りて線路をJR蒲田駅に歩いて戻ります。

 

早々にコンビニで携帯の充電用の電池とペットボトルと、

おにぎりを2個買って歩き始めました。

 

国道をJR蒲田駅から品川駅方面に歩いて約3時間後に

到着しましたが、そこは大変な状況に陥っています。

そこは17時を超えて人々が溢れていています。

 

ここ東京でビルの崩落、火災があればどれだけの

人が被災するでしょうか?

 

それは逃げようも、動きようもない人ひとりが30vm~40cmの、

中に立ち尽くす状況です。

 

私は新幹線の品川駅港南口から歩いて10分の所に 

住んでいましたので、それからほどなくマンションに

戻りつきました。

 

しかしそこには大惨事のありさまを映し出すテレビが

あるのみでした。

 

すぐスーパにいきレンジでチンするご飯と、3本程度の

ペットボトル、缶づめ、インスタントラーメンを買い1週間

程度の最低限の準備でした。

 

結果はこんなものではどうしようもない状況に陥るの

ですが・・・・・・

 

この様に決して忘れてならない自分の心の中の、

三つの出来ごとの中の一つです。

 

亡くなられた方々に改めて心より冥福をお祈りすると

ともに、震災にあわれた多くの方々の早い復興を

お祈りいたします。

 

海外の国に対する国際支援も大事ですが、この日本国の

国民に対して日本国政府、安倍政権による一日も早い

さらなる復興の流れを願ってやみません。